メニュー
» 美味しさを追求した独自ブランドのコーヒーを販売中!

アフォガートとは?美味しい作り方・食べ方からおすすめまで紹介

アフォガートって何?その意味が知りたいな…。

アフォガートの美味しい作り方やレシピが気になる!

こういった疑問や要望にお答えしていきます。

この記事から分かること
  • アフォガートとは何か
  • 美味しい作り方・レシピ
  • アフォガートの食べ方
  • おすすめのアフォガート
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
柏倉元太

日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修。

続きはこちら

コーヒーを愛し続けて約10年。現在はコーヒー専門家として活動し、様々な媒体・メディアにご紹介いただいています。独自ブランドのコーヒー豆を「ラボカフェ」で販売中。

それでは早速見ていきましょう。

コーヒー豆研究所 告知用
タップできる目次

アフォガートとは?

アフォガートとは?

結論、アイスクリームとコーヒーを使ったイタリア発祥のスイーツです。

アフォガートはイタリア語で”溺れた”を意味する言葉でもあります。

アイスクリームにコーヒーをかけることで、その名の通り、アイスクリームがコーヒーに”溺れた”状態になっていることから名付けられたともされています。

またアイスクリームがコーヒーに溺れるくらいの量が美味しいともされています。

アイスクリームのほかにはジェラートを使用することがあります。

※ジェラートとはイタリア語で”凍った”という意味を持つ氷菓。

飲み方は様々ある

アフォガートはコーヒー以外にも飲み方が様々です。

エスプレッソや紅茶、リキュール、お酒など洋風のアフォガートから抹茶やほうじ茶など日本茶をかけて楽しむ方も多いです。

柏倉元太

抹茶とアイスクリームの相性は確かに良いよね!

その他、飲み物だけでな、溶かしたチョコレートやはちみつ、黒蜜など甘いシロップ系のものをかけても美味しいです。

アフォガートの美味しい作り方・レシピ

アフォガートの美味しい作り方・レシピ

ここではアフォガートの美味しい作り方・レシピを紹介していきます。

材料は以下の通りです。

  • お好みのアイスクリーム:1カップ
  • 濃いめのコーヒー:適量

準備するのものはこれだけ。しかし濃いめのコーヒーがポイントです。

アイスクリームの甘さを引き立たせるには苦めのコーヒーがおすすめ。

具体的に手順

具体的に手順は以下の通り。

手順
  1. コーヒーをお好みの方法で濃いめに淹れる
  2. アイスクリームを器に盛り付ける(アイスクリームを丸くする)
  3. アイスクリームの上から温かいコーヒーをかける

必要な工程は3つだけです。

インスタントコーヒーの場合

またインスタントコーヒーを使う場合は、コーヒーとお湯を各大さじ1とするなど、お湯と同量のインスタントコーヒーを使用することをおすすめします。

これによってアイスクリームのための美味しいコーヒーソースが完成です。

ドリップコーヒーの場合

ドリップコーヒーの場合は、通常より長めの抽出時間でコーヒーを淹れるようにしましょう。

使用するコーヒー豆は深煎りの苦みが際立っているものがおすすめ。

これらによってよりコクと深い苦味を楽しむことができます。

アフォガートのアレンジレシピ

アフォガートのアレンジレシピ

ここではアフォガートのアレンジレシピを紹介していきます。

おすすめのアレンジレシピは3つ。

  • はちみつレモンアフォガード
  • 抹茶アフォガート
  • チョコレートアフォガート

1つ1つ解説します。

はちみつレモンアフォガード

バニラアイスにはちみつレモンソースをかけるだけで完成します。

温かいソースでアイスがとろけます!

パーティーにもぴったりです。

材料としては以下の通り。(1人分)

  • ポッカレモン100大さじ2
  • はちみつ大さじ1
  • バニラアイス(お好みのもの)適量

抹茶アフォガート

牛乳と抹茶ソースをかけたアフォガードになります

温めた牛乳と抹茶の濃厚ソースをたくさんかけたアフォガートは、ほっとひと息つきたい際に非常におすすめです。

1日の疲れを癒やしてくれますよ。

抹茶の渋さと香りの高さがバニラアイスの甘さと相性抜群。

抹茶がかかった部分が少し溶け出してくるときが頃合いです。

あわせて読みたい
【最新】抹茶とコーヒーは相性抜群?その味わいや作り方・効果を紹介! 抹茶とコーヒーって合うの? 抹茶とコーヒーを組み合わたレシピが知りたい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 あなたは抹茶とコーヒーどちらがお好きですか...

チョコレートアフォガート

アイスにチョコレートシロップをかければチョコアフォガートの完成です。

またコーンフレークやバナナ、アーモンドなどを加えてパフェのように仕上げるのもおすすめです。

チョコレートソースの代わりに、温めて溶かしたチョコを使用するのもアリです。

アフォガートの食べ方

アフォガートの食べ方

アフォガートの食べ方は非常に重要です。

これは、食べ方によってアフォガートの印象が全く変わってくるため。

アフォガート独特の味の変化を味わう

アフォガートは完成したてと時間が経ってからとでは、味が微妙に変わっていきます。

そのため、アフォガート独特の味の変化を味わうのが通の食べ方です。

時間が経つにつれて、アイスクリームが溶けてコーヒーと一体になっていくのでより甘さが引き立ちます。

トッピングをする

アフォガートはただコーヒーをかけるだけでなく、前述の通り、チョコレートやクッキーなどのお菓子、ココアパウダーやシナモンなどのスパイスをトッピングするのもおすすめの食べ方です。

またアイスクリームもバニラだけでなく、ひと味違ったフレーバーのものを使用すればまたまた違った味が楽しめます。

そのため、アフォガートのバリエーションは無限大です!

あわせて読みたい
スパイスとコーヒーは合う?世界のアレンジレシピ3選や効能も紹介 スパイスとコーヒーは合うの? スパイスを加えた世界のコーヒーとは? こういった疑問や要望にお答えしていきます。 世界にはスパイスとコーヒーを合わせて飲むことが、...

おすすめのアフォガートならコレ「エスプレッソアフォガートフラペチーノ」

「実際に作るよりも買って単体で楽しみたい!」そんな方は「エスプレッソアフォガートフラペチーノ」がおすすめです。

最初に感じるエスプレッソの味は「リストレット」という方法で抽出した、力強い香りと優しい苦味です。

途中から全体を混ぜて、こだわりのクリームから来るアフォガートのような味わいが堪能できます。

柏倉元太

味が変わる魅惑のドリンクです。

リストレットについては「リストレットとは?気になる味の特徴から美味しい作り方まで紹介」の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
リストレットとは?気になる味の特徴から美味しい作り方まで紹介 リストレットってどんな飲み物? リストレットとエスプレッソの違いを教えてください! こういった疑問や要望にお答えします。 あなたはリストレットの味の特徴や作り方...

値段とカロリー一覧

スクロールできます
サイズショートトールグランデベンティ
値段¥530¥570¥610¥650
特製ミルク403kcal456kcal670kcal801kcal

アフォガートの魅力に溺れよう!

アフォガートの魅力に溺れよう!

いかがでしたでしょうか?

「アフォガートとは?美味しい作り方・食べ方からおすすめまで紹介」というテーマでお伝えしました。

アフォガートはこの記事でも分かる通り、アレンジの方法は無限大です。

甘さと苦さの両立ができている限り、アフォガートの美味しさは計り知れません。

またアフォガートはイタリア語で「溺れる」を意味します。

是非今回紹介した作り方を参考にして、アフォガートの魅力に溺れれみてはいかがですか?

アフォガートとは?美味しい作り方・食べ方からおすすめまでご紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【ラボカフェ 定期便】毎月新たなコーヒーと出会いませんか?
ラボカフェ 定期便
内容量スペシャルブレンド(100g~)+月替りコーヒー(100g~)/回
価格今だけ初回限定70%OFFの¥900(送料無料)
コスパ
鮮度
飲みやすさ
おすすめ度

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「ラボカフェ」がおすすめ

コーヒー豆研究所がこれまで2,000個以上販売、3,000商品以上見てきた中から
選りすぐりの豆を厳選し、独自ブレンド化。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせて厳選した旬のコーヒーをお届け

今なら初回数量限定で、70%OFFで定期便が楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ!

スペシャルブレンドの場合
甘み
95
 酸味
50
苦味
50
コク
90
香り
85

\ 今なら初回限定70%オフ /

当ページのコンテンツの誤りを送信する

この記事を書いた人

柏倉 元太のアバター 柏倉 元太 日本安全食料料理協会(JSFCA)認定コーヒーソムリエ/コーヒー専門家

コーヒーをこよなく愛し続けて約10年。日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ資格を取得し、現在はコーヒー専門家として活動しています。また独自のコーヒーブランド「ラボカフェ」も運営しています。

このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をメディアを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。

コメント

コメントする

タップできる目次