メニュー
» 美味しさを追求した独自ブランドのコーヒーを販売中!

ドンキホーテのコーヒー豆は美味しい?まずい?おすすめの商品も紹介

ドン・キホーテのコーヒーは美味しいの?

おすすめのコーヒー豆が知りたい

こういった疑問や要望にお答えしていきます。

お手頃価格で何でも揃うドンキホーテですが、実はコスパ最強のコーヒー豆まで買うことができます。

そこで今回はドンキホーテのコーヒー豆の選び方からおすすめ商品まで紹介していきます!

この記事の結論
  • ドンキホーテのみで買えるコーヒー豆は三本コーヒーとハマヤのブレンドコーヒー
  • 選ぶ際のポイントは豆・粉の状態、焙煎度、総量
  • 三本コーヒーとハマヤのブレンドコーヒーは主に8種類ある
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
柏倉元太

日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修。

続きはこちら

コーヒーを愛し続けて約10年。現在はコーヒー専門家として活動し、様々な媒体・メディアにご紹介いただいています。独自ブランドのコーヒー豆を「ラボカフェ」で販売中。

それでは早速見ていきましょう!

コーヒー豆研究所 告知用
タップできる目次

ドンキホーテのコーヒー豆の特徴

ドンキホーテのコーヒー豆の特徴

ドンキホーテは現在、高知県以外の日本全国に店舗を構える総合ディスカウントストアです。

※2024年7月時点

一度は店舗を訪れたことがあるかと思いますが、コーヒー豆が販売されていることは実はあまり知られていません。

置いている商品については、ドンキホーテのみで買える商品と他のお店でも買うことができる商品があります。

ここでは、商品の中からドンキホーテのみで買えるコーヒー豆の特徴についてお話していきます!

種類豊富な三本コーヒーとハマヤのブレンドコーヒー

種類豊富な三本コーヒーとハマヤのブレンドコーヒー

ドンキホーテのコーヒー豆売り場を見てみると、最も目立つのが三本コーヒーとハマヤがそれぞれ手掛けるブレンドコーヒーです。

本シリーズは2社が合同で製造しているわけではなく、種類によって製造元が違う商品になります。

元々はどの店舗でもコーヒー豆の取り扱いが豊富にあったようですが、価格高騰などの影響もあり店舗によっては本商品を置いていない店舗もあります。

本記事内で、この商品(全8種類)のレビューを行っていきます!

あわせて読みたい
老舗ハマヤコーヒーは美味しい?まずい?口コミやおすすめ商品を紹介 ハマヤコーヒーの特徴は? ハマヤコーヒーのラインナップが知りたい こういった疑問や要望にお答えしていきます。 1924年創業の老舗「ハマヤコーヒー」。 関西圏で特に...

ドンキホーテオリジナルのコーヒー豆もある

ドンキホーテと言えば「ド」のマークでお馴染みの情熱価格商品。

以下のようなコーヒー商品もあり、容量が800g以上と多く、粉タイプのみの販売であるのが特徴です。

「モカブレンド」

「モカブレンド」
出典:公式HP

「アーミーグリーン」

「アーミーグリーン」
出典:公式HP

種類は赤・緑の2種類で、味わいはそれぞれ赤がエチオピアを中心とした「モカブレンド」、緑がベトナムなどをブレンドした「アーミーグリーン」となっています。

また、コーヒー関連商品としてドリップパックやティーパックタイプのものもあります。

【美味しい?まずい?】ドンキホーテの評判・口コミ

【美味しい?まずい?】ドンキホーテの評判・口コミ

ここではドンキホーテの評判・口コミをコーヒー豆研究所独自に調査したデータをもとに紹介します。

詳しい調査方法

当サイトコーヒー豆研究所では、ドン・キホーテのコーヒーの評判や口コミを決定するに当たって、下記の調査を実施しています。

100人のインターネットアンケート調査
  • 調査期間:2023年1月
  • 調査方法:インターネット調査
  • 対象者:実際に飲んだことがある人

悪い口コミ

酸味と苦みが控えめで自分にとってはイマイチかなという印象です。

ドン・キホーテのコーヒを実際に試してみた率直な感想を教えて下さい①良い感想②悪い感想

同じコーヒーの在庫がいつもある可能性が少ない

ドン・キホーテのコーヒを実際に試してみた率直な感想を教えて下さい①良い感想②悪い感想

コクと香りが究極の最高級の一杯という感じはなく、あくまで普段使いという感じです。来客用にはあまり向かないと思います。

ドン・キホーテのコーヒを実際に試してみた率直な感想を教えて下さい①良い感想②悪い感想

良い口コミ

これまで買っていた豆に比べたら破格の価格で、香り・豆・味を考えたらコスパ最強だと思います

ドン・キホーテのコーヒを実際に試してみた率直な感想を教えて下さい①良い感想②悪い感想

コーヒーのメーカーを確認して選べばコスパ最高

ドン・キホーテのコーヒを実際に試してみた率直な感想を教えて下さい①良い感想②悪い感想

香ばしい香りの深煎りコーヒーで、酸味と苦みがマイルドですっきりしていて飲みやすく、大容量でコスパ最強で、普段に飲むのはこれで十分です。

ドン・キホーテのコーヒを実際に試してみた率直な感想を教えて下さい①良い感想②悪い感想
https://twitter.com/stlla7187/status/1376503066388619270

気になるドンキホーテのコーヒー豆についての口コミや評判ですが、まずいといったような口コミは見受けられませんでした。

ドンキホーテのコーヒー豆を購入する方の多くは味わい以上にコスパを重視しており、毎日飲むコーヒーのクオリティとしては申し分なく、種類も豊富なことからリピーターも多いと考えられます。

マイナスな口コミの中には「コクが足りない」「味が薄い」といったものがありましたが、コーヒー豆自体の品質の悪さからくるものというよりは、豆の種類や淹れ方を変えることで改善が期待できそうです。

また、ドンキホーテに限った話ではありませんが、コーヒー豆の価格高騰の影響で数年前に比べると価格が上がったため、他のコーヒー豆に変えたという方もいました。

ドンキホーテのコーヒー豆の選び方

ドンキホーテのコーヒー豆の選び方

では実際にドンキホーテでコーヒー豆を購入する場合のポイントはどこでしょうか。

ここでは主に3点紹介していきます!

  • 豆のままか、粉の状態かで選ぶ
  • 焙煎度で選ぶ
  • 総量で選ぶ

豆のままか、粉の状態かで選ぶ

ドンキホーテのコーヒー豆の状態は豆のままか、粉(中細挽きほど)の状態かの2択で、豆の状態ではパッケージが白色粉の状態ではパッケージが黒色となっています。

自宅でコーヒーを挽くことができ、どちらの状態か迷う場合には豆のままでの購入がおすすめです。

理由はコーヒー豆は酸素に触れる面積が多ければ多いほど酸化しやすくなり、それがコーヒーの味の劣化に繋がるためです。

ちなみに、酸化をできる限り防ぐ方法として、密閉容器に入れ冷凍庫で保存するのも効果的です。

コーヒー豆
コーヒー粉
  • 新鮮で美味しい
  • 結果的に経済的にコーヒーを味わえる
  • 時短で忙しい人におすすめ
  • ミルなどの道具を用意しなくて済む

焙煎度で選ぶ

コーヒー豆 焙煎度合い
※焙煎(ロースト)8段階

ドンキホーテのコーヒー豆は、豆の種類によって焙煎度が違います。

それぞれの主な味わいの違いは、浅煎りの場合には酸味、深煎りの場合には苦味が目立つというのが一般的です。

ドンキホーテの焙煎度の場合は1〜5の5段階で表しており、数が大きくなるほど焙煎度が高い=深煎り寄りということを意味します。

これらは商品パッケージに表示されているグラフ内の「焙煎度」という項目から一目で確認することができます。

グラフ内には酸味や苦みの表記も5段階で表されているので、焙煎度が同じ場合には違う項目をみて判断すると良いでしょう。

焙煎レベル
浅煎り:ライトロースト・シナモンロースト

ライトローストとシナモンローストは、浅煎りの焙煎度合いになります。

黄色から茶色へと変化する程度の焙煎度合いです。

コーヒーの風味はかなり弱い状態。

焙煎レベル
中煎り:ミディアム・ハイロースト

中煎りはミディアムローストとハイローストです。

この状態では茶褐色とまだ色は薄いものの、軽やかな風味を楽しめます。

特にハイローストは深煎りに近いため、コクと若干の苦味がありながら飲みやすいのが特徴です。

焙煎レベル
深煎り:シティ〜イタリアンロースト
  1. シティロースト
  2. フルシティロースト
  3. フレンチロースト
  4. イタリアンロースト

以上の順番で焙煎度合いは増していきます。

シティローストは最も人気な焙煎度合い。

苦みやコク、甘みのバランスが丁度よいのが特徴で、カフェで提供されるコーヒーもシティローストが多いです。

イタリアンローストになると、コーヒー豆の見た目はほぼ真っ黒です。

味もかなり濃く、味わいも濃厚になります。 

総量で選ぶ

三本コーヒーとハマヤの手掛けるドンキホーテのコーヒー豆の総量は大体が500gです。

これ以上の量が欲しい場合には、先述したドンキホーテ情熱価格の2商品から選ぶのがおすすめです。

また、もう少し量が少ない方が良いという場合には店舗によって、豆の状態で340g、粉の状態で200gの商品が販売されていることがあります。

ドンキホーテには、他にもスタバのコーヒー豆やLIONなども売られているので合わせて検討すると幅が広がります。

【全品レビュー】ドンキホーテで買えるおすすめのコーヒー豆8選

【全品レビュー】ドンキホーテで買えるおすすめのコーヒー豆8選

ここからはドンキホーテで見られるコーヒー豆商品のうち、最も種類の多い三本コーヒーとハマヤのブレンドコーヒーについてインターネット上での情報などをもとに全品レビューしていきます!

今回は通年を通して見られる商品をまとめており、他にも季節限定の商品が販売されている可能性もあります。

また、店舗によっては取り扱いのない場合もあるので、詳細についてはお近くの店舗で確認してみてください。

今回紹介する8商品はこちら。

スクロールできます
商品名原産国焙煎度特徴
1. キリマンジャロブレンドタンザニア、ブラジル他☆☆☆★★爽やかな酸味でスッキリ
2. モカブレンドエチオピア、ブラジル他☆☆☆★★フルーティーな香りとマイルドな味わい
3. 炭焼珈琲ブレンドブラジル、コロンビア他☆★★★★スモーキーな香味・苦味とコク
4. マンデリンブレンド☆★★★★芳醇な香りと深い苦み
5. スペシャルブレンドブラジル、コロンビア他☆☆★★★酸味控えめの飲みやすい美味しさ
6. ハイローストブレンドブラジル、コロンビア他☆☆★★★苦味とコクがスッキリとした後味
7. エスプレッソブレンドペルー、ブラジル他★★★★★濃厚なコクととキレのある後味
8. マイルドブレンドブラジル、コロンビア他☆☆☆★★苦み・酸味がバランス良い口当たり

それでは早速見ていきましょう!

1. キリマンジャロブレンド

爽やかな酸味でスッキリ

比較的浅煎りの焙煎度で、程よい酸味とすっきりとした香りが楽しめます。

コクはやや少ないですが、香りが良くブラックでガブガブ飲みたいときにおすすめの商品です。

キリマンジャロブレンド
甘み
58
苦み
61
酸味
81
コク
63
香り
92
商品名キリマンジャロブレンド
内容量500g(豆・粉)
原産国タンザニア、ブラジル他
焙煎度☆☆☆★★(浅煎り寄り)
特徴程よい酸味とすっきりとした香りが楽しめる
ブラックでガブガブ飲みたい時におすすめ

2. モカブレンド

https://twitter.com/pika_hotsands/status/1528342051309244416

フルーティーな香りとマイルドな味わい

モカの華やかな香りとベリー系の酸味が楽しめる商品です。

ブラジルが一緒にブレンドされているので、後味にはやや香ばしい苦味もあります。

焙煎度は比較的浅煎りですが、尖った酸味ではなく、口に含むと感じられる華やかさはゆったりと楽しむコーヒータイムにピッタリです。

モカブレンド
甘み
71
苦み
73
酸味
84
コク
70
香り
83
商品名モカブレンド
内容量500g
原産国エチオピア、ブラジル他
焙煎度☆☆☆★★(浅煎り寄り)
特徴モカの華やかな香りとベリー系の酸味が特徴
ブラジルがブレンドされているため、後味には苦みも感じられる

3. 炭焼珈琲ブレンド

スモーキーな香味・苦味とコク

マイルドな味わいで、炭焼ながらも苦味が突出することなく飲みやすい深煎りの商品です。

コーヒー好きの中にも好まれる方が多い炭焼珈琲ですが、そこまで焙煎度が高いわけではないため、きちんとコーヒーの香味が感じられます。

甘さを足したい時には、黒砂糖を入れるとスモーキーさと甘みのバランスがマッチするのでおすすめです。

炭焼珈琲ブレンド
甘み
59
苦み
87
酸味
60
コク
71
香り
94
商品名炭焼珈琲ブレンド
内容量500g
原産国ブラジル、コロンビア他
焙煎度☆★★★★(深煎り寄り)
特徴マイルドな味わいで主張し過ぎない炭焼の苦みが特徴
スモーキーな香りに負けないコーヒーの香味も感じられる

4. マンデリンブレンド

芳醇な香りと深い苦み

マンデリンならではのしっかりとした苦味とほのかな甘みが楽しめる商品です。

コクも十分感じられるため、ミルクと合わせてもコーヒーの味わいが負けることなく楽しめます。

マンデリンブレンド
甘み
87
苦み
83
酸味
71
コク
91
香り
90
商品名マンデリンブレンド
内容量500g
原産国
焙煎度☆★★★★(深煎り寄り)
特徴しっかりとした苦みとほのかな甘味が特徴
十分なコクでミルクを入れても楽しめる

5. スペシャルブレンド

酸味控えめの飲みやすい美味しさ

さっぱりとした味わいで複雑さもなく飲みやすい商品です。

酸味も苦みもやや感じますが、中でも苦み寄りの味わいが口に広がります。

ミルクを入れることで、甘みやコクが引き出されるのでおすすめです。

スペシャルブレンド
甘み
48
苦み
80
酸味
67
コク
81
香り
72
商品名スペシャルブレンド
内容量500g
原産国ブラジル、コロンビア他
焙煎度☆☆★★★(中煎り)
特徴酸味も苦みも感じるがやや苦み寄りの味わい
ミルクを入れると甘さやコクが引き出される

6. ハイローストブレンド

苦味とコクがスッキリとした後味

パッケージの焙煎度では5段階中3ですが、ハイロースト(中深煎り)ならではのやや強めの苦みが特徴です。

じっくり焙煎されたロースト感と香ばしい香りが心地よく味わえ、後味は比較的すっきり。

甘めのお菓子などとも相性がよく、重すぎない苦めのコーヒーが好きな方に特におすすめです。

ハイローストブレンド
甘み
60
苦み
72
酸味
61
コク
70
香り
81
商品名6. ハイローストブレンド
内容量500g
原産国ブラジル、コロンビア他
焙煎度☆☆★★★(中煎り)
特徴ハイローストならではのやや強めの苦み
ロースト感と香ばしい香りはありつつ、後味はすっきり楽しめる

7. エスプレッソブレンド

濃厚なコクととキレのある後味

コーヒーらしい甘みとロースト感が特徴的で、口に含むと苦みとコクが広がります。

他の商品に比べて口にまとわりつくような濃厚さも感じます。

酸味はほとんど無く、アイスコーヒーにすると甘みが特に際立ちます。

エスプレッソローストとあるだけに、ハンドドリップよりもエスプレッソ抽出に適した商品です。

エスプレッソブレンド
甘み
77
苦み
97
酸味
60
コク
91
香り
87
商品名エスプレッソブレンド
内容量500g
原産国ペルー、ブラジル他
焙煎度★★★★★(深煎り)
特徴コーヒーらしい甘みとロースト感、口に含んだ際の苦みとコクが特徴
酸味はほとんどなく、アイスコーヒーにすると甘みが際立つ

8. マイルドブレンド

苦み・酸味がバランス良い口当たり

シリーズの中で最もバランスが良く、飲みやすいのが特徴です。

焙煎度も比較的浅めになっておりすっきり感も強いため、人によっては酸味を強く感じる場合があります。

ミルクなどを足して飲むよりも、ブラックで爽やかな朝の1杯として楽しむのに最適です!

マイルドブレンド
甘み
60
苦み
61
酸味
72
コク
83
香り
81
商品名マイルドブレンド
内容量500g
原産国ブラジル、コロンビア他
焙煎度☆☆☆★★(浅煎り寄り)
特徴シリーズの中で最もバランスが良く飲みやすい
人によっては酸味を強く感じる場合がある

ドンキホーテのコーヒー豆は通販で買える?

ドンキホーテのコーヒー豆は通販で買える?

今回紹介したドンキホーテのコーヒー豆ですが、通販や他のお店では買うことができません

同じ商品が欲しい、同シリーズの他の商品を試したいという場合は、ドンキホーテ店舗で購入する必要があります。

ですが、どうしてもドンキホーテの店舗に行くのは難しい…という場合には、業務スーパーでもドンキホーテ同様、コスパの良いコーヒー豆を買うことができるので、合わせて検討してみてください!

ドンキホーテで美味しく、コスパの良いコーヒー豆が買える!

ドンキホーテで美味しく、コスパの良いコーヒー豆が買える!

いかがでしたか?

今回はコスパ最強のドンキホーテのコーヒー豆について、全商品のレビューも行いながら紹介しました。

本記事内での重要なポイントは以下の通りです。

この記事の結論
  • ドンキホーテで買えるコーヒー豆は三本コーヒーとハマヤのブレンドコーヒー
  • コーヒー豆を選ぶ際には豆・粉の状態、焙煎度の違い、総量から判断する
  • 「キリマンジャロブレンド」を始めとする全8種類はそれぞれ原産国、焙煎度、特徴が違っており好みで選べる
  • 三本コーヒーとハマヤのブレンドコーヒーは通販や他のお店では購入できない

ぜひドンキホーテでコーヒー豆を買う際の参考にしてみてください!

ドンキホーテのコーヒー豆は美味しい?まずい?おすすめの商品も紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【ラボカフェ 定期便】毎月新たなコーヒーと出会いませんか?
ラボカフェ 定期便
内容量スペシャルブレンド(100g~)+月替りコーヒー(100g~)/回
価格今だけ初回限定70%OFFの¥900(送料無料)
コスパ
鮮度
飲みやすさ
おすすめ度

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「ラボカフェ」がおすすめ

コーヒー豆研究所がこれまで2,000個以上販売、3,000商品以上見てきた中から
選りすぐりの豆を厳選し、独自ブレンド化。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせて厳選した旬のコーヒーをお届け

今なら初回数量限定で、70%OFFで定期便が楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ!

スペシャルブレンドの場合
甘み
95
 酸味
50
苦味
50
コク
90
香り
85

\ 今なら初回限定70%オフ /

当ページのコンテンツの誤りを送信する

この記事を書いた人

珈葉のアバター 珈葉 コーヒー豆研究所 公式ライター

大学進学後、幼少期に母親が作ってくれたコーヒーの香りが忘れられず、カフェで働きたいと思うようになったことをきっかけに、コーヒーをサイフォンで淹れ、提供するスタイルのお店で4年間勤務。

就職を機に一度離れ、今年いつか自分でコーヒーのお店を持ちたいという思いから本格的にコーヒーの勉強を始める。勉強の一環として、コーヒーの焙煎所でも勤務し、地域別の味や焙煎度の違いについても実践的に学びを深める。今後コーヒー関連の資格取得を目指し勉強中。

コメント

コメントする

タップできる目次